• ホーム
  • 自信喪失した40代後半の下半身はシアリスで回復

自信喪失した40代後半の下半身はシアリスで回復

40代後半頃から、下半身に問題が起こるようになり、性行為が最後まで続けられなくなったという方に、泌尿器科や個人輸入代行通販で手に入る、ED治療薬をお勧めします。
ED治療薬の中でもっとも有名なのは、世界で初めて誕生したバイアグラになりますが、効果が続く時間が4~6時間ほどなので、一晩中愛し合うには時間が短いと感じるかも知れません。
また食事の影響を受けやすいため、服用するタイミングにも気を使います。
空腹時でなければいけないのです。
効果は期待できるのですが、使用上の制限が多いというのが欠点です。
一方シアリスなら、食事の影響をあまり受けません。
10mgの服用で20~24時間、20mgの服用で30~36時間も、性的刺激に応じて勃起状態を維持できます。
飲むタイミングを考えなくても良いのも魅力です。
薬が切れる前に性行為を終わらせなければと思うと、気持ちが焦って、楽しめなくなってしまいます。
心因性のEDの方には余計にプレッシャーとなるかもしれません。
特に週末の夜をゆっくりと過ごしたいときなどは、バイアグラではなくシアリスを選んだ方がよいでしょう。
シアリスは薬なので、マカなどの精力剤やサプリと違って副作用があります。
但し、バイアグラやレビトラなど、他のED治療薬と比べると、少なめだとわれています。
主な副作用は、血行が良くなることで起こる、顔のほてりや頭痛、目の充血、めまいなどですが、ほとんど感じない人もいます。
例えば、頭痛が気になる人は頭痛薬で対処することも出来ます。
但し、殆どの症状は、シアリスの効き目が切れると同時に治まるので、それほど気にする必要はないでしょう。
とは言え、薬の効果は人それぞれなので稀に体質的に合わない人もいます。
飲むたびに具合が悪くなり、性行為に没頭出来ないほど症状が重い場合は、別のED治療薬を使った方が良いでしょう。
シアリスは、医師の処方箋がなくても通販で簡単に購入できるので、40代後半のセックスレス解消のためにぜひとも活用してください。
また、健康に不安な方は医師の診断を受けてから服用して下さい。