• ホーム
  • シアリスの副作用や依存症について

シアリスの副作用や依存症について

シアリスの副作用に関しては、効果とともにほとんどの人が感じるものではなく、約3割の人が実感するという程度です。
発症率的で比較すると、バイアグラやレビトラよりも低いということができます。これは、シアリスの最大36時間という、効果持続時間の違いからくるものです。
作用時間が長い分、進行が穏やかである事に繋がっているといわれています。薬の効果は、個人差があり、症状も様々です。
シアリスは、身体の末端までしっかりと血液を行き渡らせることで、勃起をさせています。
そのためこの効果は性器に限らず、全身の血管で同時進行しています。
鼻の中の毛細血管が拡張すれば、鼻づまりになり、顔の表面の血管が膨らむと、ほてりとなって表れます。裏を返せば、これらの症状は、ある意味この薬が効いている証拠だともいえます。
稀な副作用のひとつに、物が青みがかって見える、青色と緑色の区別がつきにくくなるなどと言う視覚への影響が、報告されています。
また、シアリスの効果がゆっくりと進行する分、どの副作用もゆっくりと進行します。
但し、これらは症状が出たとしても、薬の効果が低減して行くとともに、消えていきます。
どのED錠にもいえますが、心臓に病気を持っている方は、服用できませんので注意してください。
また、シアリスに依存性があるのではないかという不安を持っている男性が多いということですが、神経に関係するような薬ではないので、依存性になることはまずないということです。
但し、個人輸入代行など医師の処方無しにシアリスをご利用されている方は、シアリスで異変を感じた際は、直ぐに受診して相談するようにしましょう。