• ホーム
  • シアリスと相性の悪い併用薬

シアリスと相性の悪い併用薬

第3のED治療薬として登場したシアリスの有効成分はタダラフィルです。
タダラフィルは、PDE5型酵素阻害薬に分類される医薬品です。

シアリスのED治療効果を理解するためには、最初に男性の勃起現象のメカニズムを知っておく必要があります。
男性が性的に興奮すると、一酸化窒素の放出を経て血管拡張物質が多量に生成されます。
この血管拡張物質により陰茎血管が拡張して大量の血液が流入することで勃起が起きます。
そして、勃起の終息の時に関わるのがPDE5型酵素です。
PDE5型酵素は、勃起に必要な血管拡張物質を破壊する酵素です。
この酵素か働いて血管拡張物質が減ると勃起が終わる仕組みです。
シアリスの有効成分タダラフィルは、このPDE5型酵素の働きをブロックすることで血管拡張物質の減少を防ぎ勃起の維持を助けます。

ここで、医薬品である以上は使用に関しての注意事項や禁忌事項があります。
シアリスには血管の拡張を維持する効果があるので、血圧の降下が起きる可能性があります。
そのため、高血圧の治療のために降圧剤を使用している方がシアリスを服用すると両方の薬の作用によって血圧が急激にかつ大幅に低下することが考えられ危険です。
よって、降圧剤とシアリスの併用は禁忌です。

またその他にも、血管拡張作用のある循環器や血管の疾患を治療する医薬品についても血圧急降下の危険性から併用は禁忌とされています。
特に、狭心症などの治療に使われるニトログリセリンなどの硝酸系の薬は治療目的の血管拡張効果を有します。
硝酸系の薬とシアリスを併用すると、双方の血管拡張効果により生命に危険が及ぶほどの血圧急降下が考えられますので飲み合わせは禁忌です。
シアリスを使ってED治療を受けるに際しては、既往歴や現在処方されている薬について医師に正しく申告しなくてはなりません。
但し、シアリスなどのPDE5阻害薬は、定期的な服用を続けることで酸化ストレスの低下や血管内皮機能が高まることが分かっています。
これにより、生活習慣病やがん予防としてのアンチエイジング薬になり得る可能性もあります。